放課後等デイサービスでの活動は?

2014年12月20日

放課後等デイサービスではどんな活動をしているのでしょうか?

まずは施設内では、施設内に飾る飾りなどの創作活動をしたり、字の書き方をしたり、庭で運動したりとしているようです。

これらの活動は指先を使ったり、子供たちがどんな飾り付けがいいか一生懸命考え作るため、良い訓練だと思います。また、一緒に利用している子供やスタッフさんたちと協力して行えるため、コミュニケーション能力の向上にも役立つのではないでしょうか。

やはり、自宅以外での人とのかかわり合いというのは自立するうえでとても重要になると思います。

また、庭での運動は体を鍛え、気分もリフレッシュできます。自宅と学校の往復だけの生活では体験することも少ないことだと思います。
スタレスの発散もでき、気分もすっきりすることができればお子さんも色々なことに前向きに取り組むことのできる良いきっかけになるのではないでしょうか。

次に課外活動です。なかには課外活動を行っている施設もあるようです。

近くの公園に行ったり、大きな公園にも行ってもらえるようです。また、科学館などの遊んで学べる施設へも行ってくれることもあるようです。

普段は忙しい親さんに代わってそのような遊びに連れて行ってもらえるのは子供さんだけでなく親さんも助かりますよね。

子供たちも学校・施設・自宅以外の場所に行くことにより、社会に出てからの助けになると思います。

また、「今日は◎◎へ行ってきたよ」などと親さんとの会話に花が咲く事でしょう。
「普段はどこにも連れて行ってあげれてない・・・」と気にされている親さんも多いと思います。そんな時に子供から楽しそうにそんな話をしてもらえると安心もできるのではないでしょうか。

課外活動がある場合は事前に報告もあるようですし、安心していれますよね。

このように放課後等デイサービスでは施設内外で様々な体験をさせてもらえるのです。

こういった体験がお子さんを成長させてくれるのは間違いありません。

まだ自宅と学校の往復だけしているご家庭、どこの放課後等デイサービス利用しようか悩んでいる方、今ではたくさんの施設が見学や無料で体験できます。

一度問い合わせしてみてはどうでしょうか?きっとお子さんにあった施設が見つかると思います。

岐阜・本巣・瑞穂でおススメの放課後等デイサービスならひまわり

http://himawari.link/

介護者の負担も軽減される岐阜市の訪問マッサージ

2014年7月4日
岐阜市で働いているケアマネージャーさんとお話しする機会があり、現在の介護についてお話をしました。
現在は介護者の介護疲れが目立っているようです。
私の父もそうなのですが、確かに寝たきりや動けても介助なしでは自力で歩いていけないという方も多く見てきました。
母も一生懸命介護を頑張っているのですが、体の大きな父の体を起こしたり、体位変換をするときにはとても力を使っています。あまりにも力を入れすぎて腰や肩を痛めてしまうことも数多くありました。
夜中に父にトイレで起こされ、寝不足な日が続き泣いていることもありました。
私の知り合いでも、下半身麻痺となったご家族の介護をしてみえる方で、4年間介護生活を送っています。その知り合いも4年間という長い介護生活で疲れ切っていました。
帯状疱疹が出てしまったり、精神的にも疲れてしまい施設に預けようかとも考えたそうです。
ですが、ご家族がとても拒み、さらに追い詰められてしまったこともあったそうです。
そんな介護で疲れてしまった方などの助けになることはないかと、インターネットで検索していると、ある会社が目にとまりました。
それは「訪問マッサージ」という医療保険を使ったサービスをしてくれる会社です。
訪問マッサージでは、寝たきりや自力で通院できない方の自宅に訪問し、マッサージや関節拘縮の予防や改善、低下してしまった筋力の強化・維持、歩行の訓練もしてくれるというものです。
これは、少しでも介護の負担を減らしたいと思われている方にとってとても助けになるのではないでしょうか?
介護されている方のほとんどは寝たきりで自分で動くことができません。それを家族が何から何までしなければいけなくなり、介護者の負担となっています。
訪問マッサージで少しでも自分で体を動かせるようになれば、これはとても介護の負担は減ると思います。自分で動けるまでいかなくても、固くなった関節が動かしやすくなれば、着替えやおむつ交換でもガチガチにかたくなってしまった体を動かすよりはとてもスムーズにいくのではないでしょうか?
その訪問マッサージのホームページにも利用者さんの声が記載されていて、やはりみなさん同じような悩みを抱えていたようです。
毎日の介護の負担が少しずつでも軽減されていく。これは介護者にとってとても助けになるのではと私は考えます。
人の体は動かさないと、次第に衰えていきます。筋力が落ち、動けなくなると関節が固まって、自力でも介護されていても動くことは困難となっていきます。
寝たきりや自力で動くことのできない方だけでなく、介護者のためにも訪問マッサージを始めてみるという考えもいいのかもしれません。
医療保険が使えるため、介護保険の利用限度も気にせず、低価格で利用できることもとても魅力です。
「少しでも介護の負担を減らしたい。」「もう少し自分で動けるようになってほしい。」と思われているかには訪問マッサージがおすすめです。
http://hoken28.com/

交通事故治療で岐阜市の接骨院に通おう!

2014年5月2日
岐阜市の友達と話していた時のことです。
その友達は先週車にぶつけられ整形科で頸椎捻挫と診断されたそうです。頸椎捻挫はいわゆる鞭打ち症と呼ばれます。周囲の人からはむち打ち症は接骨院へ行ったほうがいいと言われいるそうで整形外科に通いながら接骨院に通ってもいいのか悩んでいました。
仕事を休んでいるため、なるべく早く治したいと思っているようですか、病院の先生に相談しなければいけないのか、紹介状等を書いてもらったほうがいいのか、煩わしい手間があるのかもとなかなか踏み出せないでいました。
あまり知られてはいませんが、交通事故の怪我は接骨院で治療することもできるのです。
転院することもできますし、2週間に1回程度整形外科に通い、後は接骨院で治療すると言うように併用する方もみえます。この場合は特に病院の医師に言わなくても接骨院に通うことができるので大丈夫です。
接骨院の先生に交通事故の治療であることを告げれば、保険会社の連絡方法や、手続きの方法を教えてくれると思います。
接骨院は捻挫などの急性外傷を専門に治療をしていますので、しっかり鞭打ち症を治したいのであれば、接骨院に通うことをお勧めします。
僕は、そのことを友達に伝えて接骨院に通うことを勧めました。
早く元気な姿に戻ってもらえるといいな。

交通事故治療なら岐阜市の接骨院がおススメ!

http://www.bo-ne.com/

寒い季節

2014年3月6日
季節は秋。これからもっと寒くなる予定。今年は更に異常気象なので、わかりません。平年より気温は約5℃近く高いそう。でも一気に寒くなりそう。体の管理は必須ですね。体もこわばるので腰痛や膝の痛みや筋肉の硬直やら歪みがきやすい時期になります。リハビリをされている方には辛いですよね。毎日続ける事が大切です。ただし負担のないように体操しないといけませんが、無理は禁物です。ぎっくりもなる人も急増します。今年の夏は長く、かつ酷暑でしたから体はみんな疲労を受けています。疲労を受けると免疫が低下します。冬に多いウイルスが入りやすくなり発病もいなめません。そうならないように日頃からの体力づくりが必要不可欠なんです。リハビリ体操なども 代謝をあげる手助けになるのでやらない訳にはいきませんよね。

寒い季節』季節は秋。これからもっと寒くなる予定。今年は更に異常気象なので、わかりません。平年より気温は約5℃近く高いそう。でも一気に寒くなりそう。体の管理は必須ですね。体もこわばるので腰痛や膝の痛みや筋肉の硬直やら歪みがきやすい時期になります。リハビリをされている方には辛いですよね。毎日続ける事が大切です。ただし負担のないように体操しないといけませんが、無理は禁物です。ぎっくりもなる人も急増します。今年の夏は長く、かつ酷暑でしたから体はみんな疲労を受けています。疲労を受けると免疫が低下します。冬に多いウイルスが入りやすくなり発病もいなめません。そうならないように日頃からの体力づくりが必要不可欠なんです。リハビリ体操なども 代謝をあげる手助けになるのでやらない訳にはいきませんよね。

高齢者のリハビリ

2014年2月5日
リハビリ体操には、歌体操というリハビリ体操があるそうです。高齢者の方なら誰もが知っているような歌に合わせて行う体操です。また誰にでも出きるような体操です。オリジナルで簡単な体操を考えて作っている施設もあります。手足に麻痺があったり車いすの方のために座ったまま出来るリハビリ体操も作られていますし、もちろんオリジナルで作っても良いです。リハビリ体操も、いつも同じのばかりでマンネリして飽きがくるのではないかと感じる方もみえると思います。しかし同じことを繰り返しやることが大事だということを聞きました。高齢者の方は特に新しいことを覚えるのは大変ですからお年寄りのことを考えると決まったことを毎日するのも大事だということが分かる気がします。でも、たまには毎日の決まった体操プラス新しい体操を少し加えても良いかもしれませんね。リハビリ体操は脳の活性化に有効で体力や筋力アップにもなりますので大切な体操です。

寒い季節

2014年1月16日
季節は秋。これからもっと寒くなる予定。今年は更に異常気象なので、わかりません。平年より気温は約5℃近く高いそう。でも一気に寒くなりそう。体の管理は必須ですね。体もこわばるので腰痛や膝の痛みや筋肉の硬直やら歪みがきやすい時期になります。リハビリをされている方には辛いですよね。毎日続ける事が大切です。ただし負担のないように体操しないといけませんが、無理は禁物です。ぎっくりもなる人も急増します。今年の夏は長く、かつ酷暑でしたから体はみんな疲労を受けています。疲労を受けると免疫が低下します。冬に多いウイルスが入りやすくなり発病もいなめません。そうならないように日頃からの体力づくりが必要不可欠なんです。リハビリ体操なども 代謝をあげる手助けになるのでやらない訳にはいきませんよね。

ストレッチ

2013年10月9日

ストレッチは運動選手に限らず、多くの人がやっています。お金をつかわずやれる場合もありますが、間違ったストレッチで逆に体を痛めないようにきちんと教わった方がいいかもしれません。よくモデルさん、役者さんなど雑誌でライフワークの一つとして紹介していたり。本を出している人もいます。そのほか病院のリハビリにもストレッチが行われています。ストレッチは、ゆっく~りと呼吸をしながら体を伸ばします。そして絶対に無理はしません。ゆっくり呼吸をして、ストレッチをしていると、こころが落ち着いてきます。リラックス効果にいいみたいですよ。また運動不足になると体の動かす幅が少しずつ小さくなっていきます。つまり手や足など、関節の動く範囲が狭くなってしまうわけです。そんな時もストレッチ。お風呂上がりに行うとやりやすいかな。筋肉などの柔軟がないと、たまに走ったりすると肉離れになるかもしれません。また、足首の捻挫をしやすくなります。予防のタメにもストレッチオススメです。

音楽での療法

2013年7月22日

音楽で行う療法とは、音楽の持つ波動を人間の脳波の波動に共鳴させて波形を変え、病気の治療や予防をするものです。それに無理のない体操を足す事で、体を活性化させます。音楽の持つリズム、メロディー、ハーモニーにより構成されている波動を、心身不調時の脳波に合わせて影響を与えることで改善するのが音楽を使う目的なのです。音楽って私達の生活になくてはならないものかもしれません。認知症の人が昔聴いた音楽を聴くことで症状の進行が抑えられ、心身機能が回復してくるとのことです。思わず当時を振り返り、思い出を整理することが脳の活性化につながるようです。本当に知らず知らずのうちに潜在意識に刻まれているのですね。そのため老人ホームなどの医療機関はもちろん、家庭で高齢者と一緒に生活する場合にも応用ができると注目されているそうです。

オリジナル体操

2013年6月10日

介護施設などでは、レクリエーションの中のひとつでリハビリ体操を行っている施設は多いと思います。ただリハビリ体操といってもどんな体操が望ましいのでしょうか??ラジオ体操のように音楽にのせて体操ができれば、利用者様も喜んで楽しく無理なくできそうですね。また「ゆる体操」でも十分だと思います。座ったままで、できるものや高齢者様向けのものなど色々とあります。無理なく楽しくできる体操リハビリの効果もあるのではないでしょうか。また施設でオリジナルのリハビリ体操を作ってみても良いですよね!音楽は手持ちのものを使い、その中で利用者様に人気のある音楽、曲にあわせてオリジナル体操を作る!!たまに体操の講師を呼んで行うことも楽しくリハビリができそうですね。

たのしむ

2013年5月10日

やらなきゃいけない。確かにそうかもしれませんが、楽しく行うのと、渋々行うとは体の効果も違ってきます。気持ちや心は体と一緒。施設などで行う場合はみんなが馴染みのある音楽で体操すると、ウキウキしてきませんか?自宅でやるのも馴染みのある曲など。リハビリ体操の基本をゆったりとしたテンポの曲をかけながら行うのも楽しいですね。体を動かす事でリフレッシュしますから。体を動かす事は私も好きなので、エアロビとかは私もやっていました。結構何年かやっていましたがムキムキになってしまい、止めました。ヨガとかが一番いいかもしれません。ただリハビリではないので、リハビリリハビリ体操でやらないといけませんよね。今は沢山の体操があります。選べるのも いいですね。続けなければ意味がありませんから、中途半端にはせず体調をみながら頑張って下さい。